お電話でお問い合わせ。TEL 06-6366-0636 インターネットからお問い合わせ(24時間受付)弁護士 中井洋恵のひなた日記事務所概要 ひなたの交通事故の専門サイト ひなたの遺産相続の専門サイト ひなたの欠陥住宅の専門サイト
トップページ > 取扱業務 > 労働事件

取扱業務

労働事件

サービス残業をされている方はもちろん、定額で残業手当を受け取っている方、年棒制で残業手当は支給されないと説明を受けている方についても、残業手当を請求できる場合がありますのでご相談ください。

第1 主な紛争類型

未払残業手当請求
労働基準法では、1日8時間以上、週40時間以上の労働時間については、原則として残業手当が支払うことが定められています。例えば、残業手当を定額で支払うとされていても、実際の労働時間で残業手当を労働基準法に従って計算するとその定額を超える場合にも、会社は超過分についても残業手当を支払わなければなりません。
未払の残業手当は過去2年分にさかのぼって請求できますので、サービス残業が常態化している職場では請求金額が多額に及ぶこともあります。
不当解雇
解雇は大きく懲戒解雇、普通解雇、整理解雇に分類されますが、いずれの解雇についても使用者が自由にできるものではありません。
解雇が無効とされた場合、無効とされた解雇の日から支払いを受けていない賃金の支払いを求めることができます。

第2 解決の手続

裁判所における解決として大きく労働審判手続と民事訴訟手続に分かれます。
労働審判手続は、原則として3回以内の期日で審理を終結することとなっていますので、早期に解決が望めるのがメリットです。争点が比較的単純な解雇事件や未払残業手当請求事件などには適しているといえます。
争点が複雑であったり、立証が膨大で3回以内の期日での審理に適さない事件、例えば整理解雇や労働災害に関する事件は民事訴訟手続による解決が適しているといえます。