自宅を新築するとき、誰を信用するの?

私は欠陥住宅の事件を多く扱っていますが、事件を通じて感じることは、自宅の新築を頼むとき、「誰を信用するの?」ということです。

セールスマンや、現場に関わらない社長さんなどと打ち合わせるだけで契約をしてしまっていませんか。

現実に建物を設計したり、建てるのは、セールスマンではありません。セールスマンは幾らで契約するか、平たく言えば、お金の計算をする人です。

現実に建物を設計するのは建築士さんで、建てる側の責任者は現場監督です。だから、契約の前に、実際にあなた方のお家を担当する建築士さんや現場監督さんに会う必要があります。

あなたの希望をしっかりと聞こうとされるのか、希望を叶えようと努力されるのか、現実に希望が叶えられると請け負ってくれるのか、そして、何よりも、あなたの一生の買い物となる新居を作ってもらうのにふさわしい方なのかを、あなたの目で見定めて下さいね。